バーソロミュー

1月 23, 2009 at 8:03 pm コメントをどうぞ

昨年読んだ本の中で、「ソース」とこの「バーソロミュー」は本当に出会えてよかったと思える本です。

自分って何?

なぜ自分は生きてるの?

人間って何?

嬉しい、楽しいというポジティブな感情意外に、なぜ、なんのために自分はネガティブな気分、感情を感じるのか。何のためにネガティブな感情があるのか?

というずっと心の中にあった大きな疑問の答えをもらった気がします。
同時に生きる元気をもらった気がします。

今まで全く興味がなかった本が急に気になったりしたときって、自分の中にその本を受け入れる準備ができてそのタイミングが来たっていうサイン、興味がないというのは受け入れる準備が自分にまだできていないとうサインなのだなと最近思っています。
正直今までこういったスピリチュアルな、精神的な本を読んだ事がありませんでしたが、読みたいと思った、思えたことがサインだったんだなと今分かります。10年前だと読んでも消化不良だったと思います。

もし少しでもこの本に興味が湧いたら、みなさんに是非とも呼んで頂きたいです。
生き続けることへの何かをきっと与えてくると思います。
この本は日本語版では3巻まであり、どれも内容がすごく濃く、読みながらいろいろと考えさせられましたが、熟読する価値がある本だと私は思います。仕事、学校、家庭、恋愛、日々の生活全、人生という大きな枠でどんな人でもより良い人生を送れること、送ってもいいことをこの本は教えてくれる気がします。

この本に出会う機会を与えてもらえたことに、本当に感謝です。

ソース」も「バーソロミュー」も共に元は英語の本で、日本語版はヒューイ陽子先生による翻訳です。
これらの本の内容が自分の体に深く入ってこれたのは、先生の魂のこもった翻訳があったからだと確信しています。ありがとうございます!

広告

Entry filed under: Diary-日記.

留学生を英語で? 漁師直営店

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2009年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。