お金の改造はご法度?

1月 10, 2009 at 9:54 pm コメントをどうぞ

20090103-192716043

アメリカに来て驚いたことの一つとして、

“硬貨の改造

があります。
日本では硬貨を削ったり、穴をあけたりと改造することは違法ですが、アメリカでは改造どころか、公に1セントをぺちゃんこにしてお土産にする機械が動物園や観光施設などに置いてあります。

上の写真は先日行ったタコマの動物園にあった機械で、左上の出っ張りに料金$0.50と1セント(Penny)を並べてレバーを押し込み、3種類あるデザインの中からボタンで欲しいデザインを選ぶと電動でPennyをつぶしてくれます。
ここにあったのは新しい機械ですが、これまで行った動物園とかでは、手動でハンドルを回してコインをプレスする機械がおいてあり、今までいった動物園、水族館、観光地には必ずありました。
この機械Press-a-pennyという会社が作ってるんですね。初めて知りました。

手軽でなかなか良いお土産です。
私も一つプレスしたものに穴をあけてキーホルダーとして使っています。

広告

Entry filed under: Diary-日記.

動画レスポンスには動画レスポンス 大雪の後は集中豪雨

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2009年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。