Archive for 1月, 2009

宇宙食?

20090126-170618010

20090126-170648011

20090126-214248012

今日のシアトルは朝から曇り空。

さて、先日大型家電屋さんFry’sに行った時に、面白いものを買いました。

“Dried Ice Cream” (乾燥アイスクリーム)

パッケージいわく“宇宙食”

昨年、星出さんの講演をきいたときに今や宇宙食も何百種類もあって、日本食では焼き鳥やお好み焼き、日本のカレーライスなんかを実際に宇宙に持って行かれたそうで、デザートなんかも種類が豊富だと言われていました。

まあ、この乾燥アイスクリームが宇宙に持って行かれたかどうかは分かりませんが、とりあえず水分のないアイスクリームはとっても軽いです。
袋からだした乾燥状態での食感は日本の砂糖菓子、落雁(ラクガン)って感じですが、口の中に入れて水分を得たとたんに、クリーミーになるという不思議な食べ物です。味はたしかにアイスクリーム。
上の写真でピンク、白、茶色と3色ありますが、ピンクが苺、白がバニラ、茶色がチョコレート味で、確かにアイスクリーム。冷たくないですが。
食べてみると、あー!なるほど!って思うのですが、口の中での感覚、舌触りは体験してみないと説明できないですね。とりあえず、ものめずらしさで買ってみましたが、楽しめました。
お値段は$1.99。 感覚的に200円ちょっとで新しい体験をできるなら満足かなと思います。
もし、機会があればお試しください。

しかし家電屋さんでこれを購入するとは思っていませんでした。
おかげさまで、また一つ新しい体験ができました。ありがとうございます。

1月 30, 2009 at 9:50 am コメントをどうぞ

日が長くなってきました

20090129-170216008

20090129-170352009

今日のシアトルはくもり、ときどき雨のち晴れ。

仕事を終えて、ウェストシアトルにある Caffe Ladro に行ってきました。
ここのお店は近所のコーヒー屋さんって雰囲気で、シアトルのダウンタウンとかにあるお店とはちょっと雰囲気が違います。それはそれで良い雰囲気です。バリスタのお兄さんとお姉さんの笑顔も心地よい感じです。

シアトルの夏はやけに昼間が長いのですが、冬はやけに短く、ついこの間までは夕方4時くらいに真っ暗になってました。でも、それもだんだんと日が長くなって、春が近づいているんだなと感じます。
おかげで、今日は綺麗な夕焼けを見れました。

のんびりした雰囲気のCafeときれいな空が見れると、嫌なストレスがすぅーっと薄らいでいきますね。

シアトルで見てる夕日は、日本では朝日に見えてるんですよね。
全く同じタイミングで見てるのに、色も感じる雰囲気も全く違って見えますよね。
面白いものです。
自然にはいろんな表情がそこにありますね。

1月 29, 2009 at 11:59 pm コメントをどうぞ

もう一月も終わりかぁー

今日はお昼に少し晴れ間が見えた、明るい曇り空(くもりですが、それほど暗くはない)。

さて、今日はラースくんと語学ミーティング。
いつものスタバにはバレンタインデーのグッズが並んでましたが、クリスマスのときと比べるとアイテムが少ないですね。まあ、来週また増えるかもしれませんが。

さて、今日はずっと日本語の「も」「もう」「まだ」「また」の使い方について一緒に勉強したのですが、そんな中で、

「もう二月か」、「もう二月かぁー」、 「もう8時か」、「もう8時かぁー」

の「か」って何?
という話になって、説明に困りました~。
日本語の文法って難しいですねー。

「もう行こうよ」、「もう行かない?」、「もう食べ終わった?」、「もう食べ終わる?」、「もう食べた?」

の「もう」という日本語を英語で Already  か Yet のどちらが適当かというのが、文章の内容によって変わるし、Already  か Yet のどちらも今ひとつというのもあって、日本語の例文は思いついても、その「もう」をしっかりと説明できませんでした。
「渋い」なみに説明が難しいですね。

日本語教師ってたいへんだぁー。

って、いうか日本語って難しい~。

このネタ絡みだけで2時間話詰めでした。

でも今日も楽しいミーティングでした。ありがとう。

1月 28, 2009 at 9:25 pm コメントをどうぞ

夢は叶うの法則 ~ Blue C sushi

今日のシアトルは曇り空。朝から凍るように寒かったです。

さて、今日はお昼に会社のマネージャー達とごはんを食べに行きました。
場所はフリーモントという地域にある Blue C Sushi (ストリート・ビューアにちゃんと写ってますね)という回転寿司屋(コンベアーベルト・スシ)さん。
会社のお昼休みに御寿司を食べたのは初めてです。
この Blue C Sushi というレストラン、以前サウスセンター・モール店に行ったのが初めてで、周っているお皿のデザインが東京の電車の路線の色だったり、壁に東京の映像が流れていたり、壁の絵も日系3世の方が描いていたりと、店の雰囲気は日本の都心部にあっても不思議じゃない雰囲気で、お寿司も結構おいしくて、実は期待をしてなかっただけにかなり満足でした。
今日行ったフリーモント店も同じメニューで、この値段でこれなら満足って感じでした。

で、個人的に興味を惹かれたのは、このお店の成り立ち
昔東京に住んでいたジェームスさんは回転すしをすごく気に入って、いつかアメリカにも安くておしい回転すしができたらいいなと強く思われたようです。それから、法律の勉強、技術の仕事をして、ギターを勉強するなどいろいろな経験を重ねていたある日、友達のスティーブさんと御寿司を食べているときに回転すしをアメリカに作りたい!という思いがまた蘇ってきたそうです。そしたらその思いが天に通じたのか、ミウラ シンイチ さんという20年のキャリアをもつベテランの寿司職人さん(ベースを弾かれる)に出会って、ミウラさんとお互いの思いが重なり、 Blue C Shushi が誕生したというもの。

強い感情を込めて夢やこうなりたいという思いを持ち、それが叶うことに疑いを持たず信じると、そこに向かって不思議な力が働きだし、あとは自分のソース、直感に従っていけば、神様は夢を叶えるためにあらゆる手段(人間の想像、思考の範囲を超えている)を使うので、全然関係ないことをやっているようで、実はそこに向かっている。疑わずただただ自分の中の直感に従い、今を生き続けていると、気付いてみたら以前願ったことが現実になっていた。

今自分の目の前で起こっていることは全て、いつか自分が思い描いたもの。
その状態が好きか嫌いかは関係なく、全ては自分が以前に思い描いたものが現実化されていく過程(プロセス)で、いつもその中にいる。
引き寄せの法則と夢の実現、イメージの現実化は本当に起こってると思います。

Blue C Sushi のジェームスさん達とミウラさんとの出会いも偶然であり必然なのだなと思いました。
だから、本当に自分がやりたいことをイメージできるようになることが、何より大事なのだなと最近思います。
そして、ウォルト・ディズニーさんも言ってますよね。
「全ての夢は叶う。もし追いかける勇気があるのなら。」

疑わないことと、あとは勇気ですよね。

世間の目や体裁などが気になって、普通はこの勇気がなかなか出ないんですよね。

世界中のみんなが、平和な社会ってどんな景色で、どんな雰囲気で、どんな気持ちがして、そこで自分は何をしているのかを疑いなくイメージできれば、それは現実化していくんですよね。

ということで、世界平和をいっしょにイメージしましょう!

1月 27, 2009 at 11:09 pm 2件のコメント

いい天気!

20090126-123724002

20090126-124230005

20090126-124502007

今日のシアトルはとってもいい天気でした!

今日は久しぶりに、シアトルから車で20分くらい南に行ったところにあるFry’sという大きな家電屋さんに行ってきました。ここの家電屋さんアメリカらしく広大な敷地にゆったりと、さまざまな家電製品が並べられていて、パソコン、オーディオ関連は他の家電屋さんより展示が多く、実物を確認して買いたいときに便利です。
パソコン関連製品は値段も安く、パソコンのパーツもここで買い揃えました。
とりあえず欲しかったノートパソコンのカバンなんかもここで買いましたね。カバンも種類が豊富です。
と、店内の写真はありませんが...

20090126-165604008

今日はここで面白いものを買いましたが、また後日ご紹介します。

あ!
そういえば、今日は先日漁師さんのお店で買った50cmくらいの鮭を3枚におろして、オリーブオイルをひいて玉ねぎとピーマンをのせ、オーブンで丸ごと焼いて食べました。おいしかったです♪
今日も小さな幸せを頂きました~。感謝です。

1月 26, 2009 at 10:59 pm コメントをどうぞ

漁師直営店

20090124-1

20090124-2

20090124-3

20090124-4

今日はフィッシャーマンズターミナルというところに漁師さんがやってるお店があるということで行ってみました。
会社の近くなのですが、今までこのお店には一度も足を運んだことがありませんでした。というか、気にしたことがありませんでした。

で、看板に従ってお店にいってみると...

漁師直営店もなにも、漁船じゃん!

黒板にかかれた商品を眺めてから、ピンクサーモンとその卵(PINK IKURA)を買うことに決めました。
イクラって日本語もおすし屋さんが増えたおかげでメジャーになったんですかね。黒板の左下隅に書いてありますね。
ということで、操舵室にいるお兄さん(かなり暇そうでしたね~)を呼んで商品を見せてもらい、切り身だと値段が2倍するっていうんで、量り売りのサーモン一匹と瓶入りのイクラを買いました。

20090124-5

20090124-6

しめて税込み$15。
安いですよね。

サーモンはまだ食べていませんが、イクラはまったく手をかけていない(水洗いしてないからか?)せいか、ちょっと生臭い感じがありましたが、まさに自然の味でした。ごはんにのせて、しょうゆをかけたら匂いも気にならずおいしかったです。

こうして鮭を安く買えるというのはシアトルの利点!?

今日はおいしいイクラとお得な鮭が買えて、プチ幸せを感じる事ができました。
ありがとうございます!

1月 24, 2009 at 11:00 pm コメントをどうぞ

バーソロミュー

昨年読んだ本の中で、「ソース」とこの「バーソロミュー」は本当に出会えてよかったと思える本です。

自分って何?

なぜ自分は生きてるの?

人間って何?

嬉しい、楽しいというポジティブな感情意外に、なぜ、なんのために自分はネガティブな気分、感情を感じるのか。何のためにネガティブな感情があるのか?

というずっと心の中にあった大きな疑問の答えをもらった気がします。
同時に生きる元気をもらった気がします。

今まで全く興味がなかった本が急に気になったりしたときって、自分の中にその本を受け入れる準備ができてそのタイミングが来たっていうサイン、興味がないというのは受け入れる準備が自分にまだできていないとうサインなのだなと最近思っています。
正直今までこういったスピリチュアルな、精神的な本を読んだ事がありませんでしたが、読みたいと思った、思えたことがサインだったんだなと今分かります。10年前だと読んでも消化不良だったと思います。

もし少しでもこの本に興味が湧いたら、みなさんに是非とも呼んで頂きたいです。
生き続けることへの何かをきっと与えてくると思います。
この本は日本語版では3巻まであり、どれも内容がすごく濃く、読みながらいろいろと考えさせられましたが、熟読する価値がある本だと私は思います。仕事、学校、家庭、恋愛、日々の生活全、人生という大きな枠でどんな人でもより良い人生を送れること、送ってもいいことをこの本は教えてくれる気がします。

この本に出会う機会を与えてもらえたことに、本当に感謝です。

ソース」も「バーソロミュー」も共に元は英語の本で、日本語版はヒューイ陽子先生による翻訳です。
これらの本の内容が自分の体に深く入ってこれたのは、先生の魂のこもった翻訳があったからだと確信しています。ありがとうございます!

1月 23, 2009 at 8:03 pm コメントをどうぞ

過去の投稿


2009年1月
« 12月   2月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ