アメリカンな詩の世界

12月 10, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

20081210-17062800120081210-22103600420081210-223442007

今日はラースくんと語学ミーティングでした。

今日は場所をいつものスタバではなく、大人の雰囲気、SPITFIREというダウンタウンにあるレストランバーで会合しました。

このSPITFIREでは毎週水曜日のよる面白いイベントをやっています。
それは Poetry Slam
夜8時くらいから入場料$5でレストランの奥にある別会場で行われます。

どんなイベントかというと、何人かのアーティスト(詩人)がステージに上がって、オリジナルお詩を読み上げるパフォーマンスをし、会場のお客さん(4組)が採点して、競い合うというものです。

はい、もちろん全て英語なので詩の内容は半分も分かればマシなところですが、アーティストのエナジーは十分感じ取ることができます。
会場の雰囲気は小さなライブハウス。
今回のステージでは詩の静かな朗読もあれば、大きな身振りでパフォーマンスする人たちもいました。特別ゲストの人たちだけ曲に乗せて歌を歌いましたがメロディーよりもメインは詩という感じで、通常もラップとかそういうメロディーより詩に重きをおくパフォーマンスが多いようです。
ちょっと日本で同じことをしても、これほど盛り上がらないだろうなと個人的に思ったりします。司会者も、会場のお客みんなにエナジーを出してくれと声をかけると、お客もそれに答える。会場一体でイベントを作る、楽しむという文化ならではの盛り上がりを感じました。

ラースくんもこのイベントは始めてということで、会場で司会者から「今日はじめての人~」って質問に「はーい」って手を上げたら、日めくりカレンダーみたいな点数表を渡されて、私たち二人が採点者に指名されました。
英語の分からない私の採点基準は感じる空気とエナジー。

シアトルに冬に旅行にこられる方で、アートの好きな方には、こんな世界があるというのも体験して頂きたいですね。
お薦めです。

新しいシアトルのアートの世界を見れて嬉しかったです。
ラースくん、アーティストの方々、楽しい時間をありがとうございます。

広告

Entry filed under: Diary-日記.

街のクリスマス模様 たらふくです

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。