Archive for 12月, 2008

Good bye, 2008!

2008年大晦日。

あと何時間かしたら2009年です。

日本はもう年あけてますね。

今日は平日なので、朝から普通に出勤して、普通に仕事してきました。
でもいつもと違うことがいくつか。

みんな帰り際の挨拶で、

“See you next year!”

“Happy new year!”

“Have a good new year!”

なんて言葉を交わしていました。

年明けてないのに “Happy new year!” っていうのも最初は妙に感じていたのですが、”Happy new year, Nori!” と声をかけてくれて、

あー!日本での挨拶 「良いお年を!」だ!と気づきました。

某マネージャは帰り際、後ろを向いて、
“Good bye, 2008!” ということばを廊下に響かせ、
食べ残っていたミカンを2個私の机に残して帰って行きました(笑)。

彼はそのミカンをくれるときに”Satsum…? 食べる”と言う感じで聞いてきたのですが、一瞬意味がわからなかったのですが、SATSUMA って箱に書いてある”薩摩”ブランドのミカンをよくスーパーで売っているのを思い出して、あーマンダリン・オレンジね?って言い返したら、彼もそうそうって反応してくれて会話成立。
どうもミカンを日本語で SATSUMA と呼ぶと思っていらたらしい...。
でもその気持ち分かりますよね。

さて、自分なりに一年を振り返ってみると...
今年は密度のものすごく濃い一年でした。
喜びも悲しみも、バラエティーに富んだ一年でした。

自分の人生において貴重な方々に出会える機会も多かったです。
いろいろな経験もさせてもらいましたし、たくさんのアドバイスも頂きました。
意味のある時間の多い一年でもありました。

みささまのおかげです。心から感謝です。
2008年という貴重な一年を ありがとうございます!

広告

12月 31, 2008 at 9:51 pm コメントをどうぞ

曇り空

今日のシアトルは曇り。

昨日は台風のように風が強く、近所の電柱が1本折れたとのこと。
こちらの電柱は木の電柱で、先週ずっと雪だったので根元が弱っていたのでしょう。
そんな昨日の強風に比べると、今日は比較的穏やかなどんより曇り。

どんより曇り空でも、昼間にほんの少しだけでも雲の切れ間に青く高い空が見えるときは、心も少し軽くなります。

アメリカ生活も慣れてくると、日本のような年末ムードがないことにも慣れてきました。

それではみなさん良いお年を!

12月 30, 2008 at 10:29 pm コメントをどうぞ

知ってる?

今日のシアトルは晴れ間のある曇り→雨→曇。

さて、今日は仕事でお昼にベトナムから移民してきた3人と、メキシコから移民してきた1人と一緒にごはん(ピザ)食べました。

昨日食べたベトナムの Green Bean のお菓子の話をしたら、「あー!、BAO...?」といい反応が返ってきましたが、彼らにとってそれほど特別のお菓子ではないようでした。

とそのあと、メキシカンのSさんと話をしたら、「そういえば、***ラインの黒人は移民でスペイン語話すんだって。知ってる?」って聞かれて、まさか黒人の彼がスパニッシュとは思いもよらず、Sさん曰く、その昔植民地だったころアフリカから多くの人が連れてこられて、黒人系でスペイン語を喋る人はたくさんいるんだとか。
ちなみにその黒人の彼からSさんは、フィリピン人だとずっと思われていたらしく、お互いにスペイン語が母国語だったことを、入社してかなりたってから知ったそうです。
と、今日はこんな会話をランチタイムにしていました。

ときどき、戦争や植民地の傷跡や、内部扮装で移民してきた方々の話を聞くと、日本で平和に生まれ育ったことがいかに運がいいかを感じさせられます。
感謝、感謝。

12月 28, 2008 at 10:25 pm コメントをどうぞ

結構いけるじゃん!

s6300345

s6300348

s6300347

今日のシアトルくもり&雨。

雨ということもあり、道路を覆っていた雪がかなり融けました。

さて、今日はシアトルのダウンタウンの南側、インターナショナルディストリクトの東側にあるベトナム料理のレストランに行ってきました。
小さなベトナム・タウンって感じで、ベトナム系のお店が集まってる所があり、そこの中にあるレストランに行きました。
お店の外と中にはベトナムから輸入したお菓子なんかがいっぱいあって、料理のメニューもなかなか豊富で、お客さんはベトナム系の人ばかり。ベトナム語が飛び交い、気分はベトナム。
支払いはカードは使えず現金のみ。
これまでの経験として、シアトル近郊の韓国、台湾、ベトナムなどのレストランでそこそこ流行っているのにカードが使えないところは、お店のドアから一歩中へ踏み入れると、大抵ドアの外(アメリカ)と雰囲気が違い、その国の言葉が飛び交い、壁やカウンターにもその国のポスターや写真、オブジェなどが飾ってあったりして海外(アジア)旅行の気分を味わえます。値段も安めで、気軽に安心して食べれる大衆食堂って感じのところが多い気がします。

一品$6.45で、ごはんもの、ライス・スープ、ヌードル・スープ、などなど種類はなかなか豊富で、味もこの値段なら満足でした。で、食後に、やっぱりお店の入口でも中でも山積みになってる見たことのないベトナムのお菓子に興味深々で、枝豆の餡子の入った和菓子のようなおもちと、上の写真のお菓子を買って食べました。

店員の方にこれって何?ときいてもGreen Beanのお菓子としか教えてくれず、外箱には写真も無く全く謎。これは食べてみるしかないと思い買って箱を開けてみると、まるで日本のお菓子のように更に内箱があり、さらにその箱の中に包装された黄緑色の小さなカロリーメイトのようなものが...。

食べてみると、ほのかに枝豆の香り(枝豆の餡子のような香り)がして、日本のラクガンのような食感、砂糖の甘さ。

結構いけるじゃん!

家に帰ってからネットを見てみるとシュナさんという方のブログに正に同じものが載っていました。
「Bánh đậu xanh」(バイン ダウ サン)
って言うんですね。
いろんな方が情報提供してくれるブログってありがたいですね。
アップされた日付を見るとつい先日。というか時差を考えるとついさっき?。奇遇ですね~。

1cm角のものが6ヶ入った小さな箱が20箱入ったもので$8.00でした。

このお菓子腐りそうもないので日本でも輸入食材店なんかであるかもしれませんね。

見つけたら是非おためしあれ!

12月 27, 2008 at 8:01 pm コメントをどうぞ

飛ぶ新聞たち

newspaper

雪の中出勤すると会社の入口の前に白くて四角いものが...

あ!

新聞だ!

上の写真は某日系の新聞ですが、シアトルのローカルの新聞でも、こちらの新聞配達は、

”投げる”

が基本です。

以前は毎朝出勤する頃に家のドアに”ドンッ!”という音とともに新聞が配達されていましたが、最近は投げる人のコントロールが良くなり、ドアの前に着地するようになりました(笑)。

映画なんかで新聞配達の人が新聞を庭先に投げるシーンを見たことがあり、アメリカに来る前からそういうものなのかとは思っていましたが、こっちに来てから新聞を地面に置かれることに慣れるまで時間がかかりましたね。
天気の悪い日はビニール袋に入れて投げ入れてくれますが、晴れの日はそのまま輪ゴムで丸めた新聞が投げ入れられます。
一度だけ家の前にたまたま近所の猫さんが残されたやわらかいカリントがあり、新聞がその上に着地していたことがあり、このときばかりはやれやれって感じでした(笑)。

でも、配達をに時間をかけないおかげか広告が多いおかげか、ローカルのSeattle Times は値上げした後も平日版は$0.75と安いので、まあ仕方ないかと思っています。

ちなみに、上の写真の日系の新聞は、読者が日本人がメインのせいか、天気に関係なくちょっとやり過ぎなくらい毎日ビニール袋3~4枚くらいで新聞が保護されて配達(投下)されます。

一度、新聞配達の車の音が聞こえたときに、表の道路まで出て行ったらさすがに新聞を手渡ししてくれました。英語が苦手そうなベトナム系っぽい人達(車の運転x1名、新聞投げ込み担当x1名)で、アメリカ経済を底で支える移民の人たちのがんばる姿を見ました。

移民の親達は英語をあまり必要としない仕事でがんばり、子供は現地の学校で英語と文化を身に付け、アメリカ人として生きていく。
移民大国アメリカの姿ですね。

そうしてがんばる人たちに支えられながら、今アメリカで生きてます。
みなさん、ありがとう。

12月 26, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

Merry Christmas!

今日のシアトルは曇り、雪。

今日クリスマスは、多くのお店がお休みです。
そんな中働いてる方々に感謝です。

電気も水道も使えるしテレビも見れる。

みなさまありがとう!

みなさん、良い年末をお過ごしください!

Merry Christmas!

12月 25, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

家をデコレーション

Merry Christmas!

アメリカでのビッグイベントの一つクリスマス。
あっという間にやってきました。いやいや早いものです。

さて、シアトルの住宅街でも多くの家がライトで飾られています。

↓基本はこんな感じで軒や柱に沿って数珠繋ぎの豆電球を取り付けたスタイル
20081218-house0

↓室内のクリスマスツリーが外から見えるようにブラインドなんかは開けっ放しにしてるところが多いです。
20081218-house1

↓こうやって家の庭の木にネット状のライトをかぶせてる家も多いです。
20081218-house2

↓こちらの家は結構気合入ってます。サンタやスノーマンの置物も飾っていらっしゃいますね。これくらいやると通りをそれなりのスピードで車で走っていても目に飛び込んできます。
20081218-house3

↓こちらの家、今まで見た個人の家で一番スゴイです!
20081218-house4

この家の情報はシアトルでライティングの見所はどこかないかなとググッていて、こちらのブログで教えて頂きました。
いやー、ホント見事です。
シアトル近郊にお住まいの方、是非一度見てみて下さい。

夜を飾る見事なライティング、街のみんなを楽しませてくれるボランティア精神、ありがとうございます!

12月 24, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

過去の投稿


2008年12月
« 11月   1月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  

最近の投稿

アーカイブ