Archive for 11月, 2008

七五三

今日は一日の中で悲しみと喜びの両方を味わいました。

Jamesのお葬式を終えて、子供の七五三のお祝いのため、シアトルから北へ車で1時間くらいのところにある椿大社に家族で行ってきました。(こちらの方の写真は分かり易いです。)

ここは日本の神社そのままです。ひっそりと木々の茂る林の中にあり、アメリカ人で日本を感じたい方にはお薦め場所です。
七五三の御祓いの予約は電話で、しかも日本語でOKでした(英語で話さねばと構えていたのでちょっと気が抜けました)。
宮司のバリッシュさんは、日本語も話せて、ちょっとややこしいことを話すときは英語になりますが、すごくやさしく、ゆっくり喋ってくれます。

ここも何回か参拝したので、バリッシュさんの英語訛りの祝詞もすっかり慣れましたね。
お約束の千歳飴も袋つきでもらえました。日本の椿大社経由で輸入されたのでしょうか。
日本の千歳飴の袋と違いがあるとすれば、千歳飴袋の中にM&M’sなどのアメリカのお菓子がいくつか一緒に入っていたことですね。

ここアメリカで完全日本式で御祓いが受けられるというのもスゴイなーと思います。

こうして日本式でお祝いができるのも椿大社のみなさまのおかげです、ありがとうございます。

元気な子供達とお世話になっている方々みなさんに感謝です。

広告

11月 22, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

最期のお別れ

今日はアメリカに来てからずっと毎朝のように”How are you?”と声を掛けてくれた職場の仲間 James のお葬式でした。
彼は日本でいえば同じ学年で、あまりに突然なことで最初は信じられませんでした。
棺桶が車に載せられて走り出し、大きな白と青のバルーンが空に舞い上がったとき、何か悲しみとも違う不思議な感覚になりました。

いつも笑顔で、朝5:30出勤で頭がぼーっとしてるときに、朝4時から働いている彼の一声”Hey Nori. How’s going?”の挨拶は元気をくれました。仕事もお願いしたらすぐ対応してくれるし、働き者でした。
以前ブログにも挨拶のことで書いたのですが、彼との会話で挨拶の間というか感覚を学んだ部分が多いです。

私が日本に一時帰国するとき、よく「で、いつ一緒に連れていってくれるの?」って笑顔で聞いてくれました。
なので、私が日本に帰るときは彼のビッグスマイルを一緒に連れて行くとメッセージを残し、彼に約束しました。

70年後くらいにまたJamesと会うときは、言葉の障害もないので次は緊張せずに挨拶できると思います。

James、ありがとう。貴重な時間を本当にありがとう。

11月 22, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

顔文字

20081119-180228004

シアトルは順調に冬に向かっています。
今朝もちょっと寒かったです。

さて、今日は恒例の語学ミーティング。
今日の話題は”顔文字”。
英語で “Emoticon” (Emotion + icon) と言うそうです。

なぜこれが話題になったかというと、ラースくんが持っている日本語のテキストにこの話題が載っていたからなんですが、アメリカと日本での顔文字の違いについて話していて分かったのが、理解する感覚を持っていないと顔文字の意味することが分からないということです。
アメリカと日本の顔文字の大きな違いは、

顔の向き

例えば...
:)
=)
:D

これ、パッと見て何を意味するか分かります?
ヒント:首を横にして見てみてください。

私は最初さっぱり分かりませんでした。

答えは: (^o^)

笑顔なんですねー。
アメリカは顔が”横向き”なんですね。
そして日本は”縦向き”。

ラースくんは日本の顔文字を見て最初さっぱり分からなかったって言ってました。
これも文化の違いの一つですよね。

11月 19, 2008 at 10:11 pm コメントをどうぞ

人生初 ~ 教会でコンサート

egc

今日はまた一つ人生で忘れられない日となりました。

アメリカの教会でコンサート♪

一度教会で歌ってみたいという小さな夢はありましたが、歌うだけでなくコンサートまでできるとは思っていませんでした。

日常では感じない緊張感、みんなで歌う喜び、観客からの拍手、すべてが本当に楽しかったです。

練習が充分とはいえませんでしたが、歌うこと、音楽を心から楽しむという目標は充分に達成できました。

あともう一つ嬉しかったことが、アメリカ人のご夫人が「私は15年音楽の教師をして、音楽を楽しむということを教えてきましたが、あなたはずっと笑顔で歌うことを楽しんでいて、それがとてもよかったです。」というようなことを英語で言われたことです。
”歌うことの喜び”が伝わったことが嬉しいですね♪

こうして喜びを感じられたのもEGC(Evergreen Glee Club)の団員のみなさま、指揮、ピアノ、ご協力して頂いた全てのみなさまのおかげです。心から感謝です。

ありがとうございます!

11月 16, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

Cafe ~ Bella

20081114-bella1120081114-bella220081114-bella3

今日のシアトルはうす曇。

今日はシアトルのランドマーク、スペースニードルからちょっと歩いた5th通り沿いにあるCafe Bella に行ってきました。
ここは私にとって思い出の場所の一つです。

初めてここで飲んだBreveは、おいしい!と思いましたね。

Breve:
ブレベ, スタバなどでは Breve late と呼んでいるエスプレッソにハーフ・アンド・ハーフ・ミルクを使ったフォームド・ミルクを加えたものらしく、ふわふわしておいしいです。香りの強い系の豆だといいのですが、スタバなどのさっぱりした豆で作ったブレベは個人的には今ひとつ香りが足りなく感じます。そういうところではトールサイズでもダブルショットにした方がいいんでしょうね。

↓クリックしてアップで泡をみてみましょう。
20081114-bella4

一昨年くらい暫く改装したり、オーナーが替わったのかお店を閉めてましたが、今年に入ってまたオープンしました。味が変わった気がしますが、ここは雰囲気が好きなCafeの一つです。

ゆったりとしたコーヒータイムをありがとうございます。

11月 14, 2008 at 5:49 pm コメントをどうぞ

いい天気

20081113-12505400920081113-12492200820081113-125154011

今日はいい天気でした。

ついこの間まで赤、黄、橙色と暖色系で身をまとっていた木々も、葉っぱが落ちてすっかり冬モードになってきました。

お天道様、今日はきれいな青空をありがとうございます

11月 13, 2008 at 4:24 pm コメントをどうぞ

勘違い

今日はラースくんと語学ミーティング。

今日の話題は、”市町村”などの地域区分について。

ややこしいのが”郡”。

シアトルは King county という日本語で直訳すると”キング郡”に属しています。

感覚的に言ってみれば、キング郡シアトル市みたいなものでしょう。
アメリカは州の中に郡があって、それがまず基本となって、人口が増えて町単独で独立できるとなると”シアトル市”のように昇格?するのですが、それでも郡の一部のままです。

日本だと**郡に属する小さな村とか町がくっ付いて市になると、もう郡の一部じゃないですよね。
なので英語でいうところの”County”と日本語の”郡”は別物で制度が違うので無理して日本語にすると感覚的に違和感を感じます。

で、ずっと大きな勘違いをしていたことがあったことをラースくんから教えてもらえました。

“ビレッジ”

私は地域でお店が集まっているところをみんな”ビレッジ”と呼ぶんだと勝手に思っていました。
実際、近所のお店が集まっているあたりを私の周りの人たちはビレッジと呼んでいたので。
ところがラースくん曰く、ビレッジっていうとアフリカとかの集落とかであって、いくつかテナントの入っている建物に**ビレッジとかって名前がついていることはあるけど、各地域でお店が集まっているところは小さくても”Downtoun”だそうです。
私ずぅーっとか勘違いしていました。訂正いたします。

大小関係なく、各地域でお店が集まっている”街”的なところは”Downtown”だそうです。

ということで、たとえばシアトルの中にあるそれぞれの地域の中でお店が集まっている辺りは、

Downtown Magnolia
Downtown Fremont
Downtown  Ballard

などと呼ぶそうです。

ただ Downtown というとここだとシアトルの中心街ということになるんですね。

今日は勘違いに気づかせてくれてありがとう。

11月 12, 2008 at 11:00 pm コメントをどうぞ

過去の投稿


2008年11月
« 10月   12月 »
 1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30  

最近の投稿

アーカイブ