山田洋次監督 「武士の一分」

7月 14, 2008 at 10:21 pm コメントをどうぞ

今日もいい天気でした!

さて、今日は夜8:00から McCaw Hall 内にあるSIFF CINEMAという映画館に日本映画を見に行きました。

山田洋次監督、キムタク主演の 「武士の一分」 (英語タイトル:Love and honor)

いやぁ、いい映画でした。
愛するが故に苦悩や悲しみがある。でも最後に人を支えるのは愛。
みなさんいい演技ですねぇー。

ストーリーはシンプルで、後の席のアメリカ人の方は今日で観るの2回目って話していたくらいなので、字幕でも楽しめる映画ということですね。

しかし今日もまた文化の違いの妙を感じました。
以前アメリカの映画(Yellow cab だったけな?)を見に行ったときに、自分だけ笑って周りのアメリカ人は笑ってないって状況を体感したことがあるのですが、今日はその逆、え?!ここ笑うところとちゃうんとちゃう?ってとこで笑いが起こってました。感覚の違いなんですねぇー。
以前自分が白い目(そこ笑うとことちゃうんとちゃうん?)で見られてる感覚を味わっただけに、自由に感じたまま楽しんでいる自分と違う感覚を許せて、文化の違いを感じる楽しさになってる自分がありましたね。

別に私が作った映画ではないですが、日本の映画をアメリカ人の方がいい映画だって喋っているのを聞くと嬉しいですね。

今日はいい映画を見れてよかったです。ありがとうございます。

広告

Entry filed under: Diary-日記.

Cafe ~ Caffe D’arte “キッチン・ガール”とは何者?

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年7月
« 6月   8月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。