“おなか”は”胃”?

5月 13, 2008 at 9:03 pm コメントをどうぞ

今日のシアトルはしとしと雨でした。

さて、今日はラースくんとの語学ミーティングでいつものスタバへ。
上の写真は建物の裏にあるドライブ・スルー用の注文場?オーダー・ステーション?です。
マイクとスピーカーの付いた “ORDER HERE” と書いてある支柱に向かってしゃべって注文し、写真の右手方向へ車を移動させたところで受け取ります。

今日は「道路が空いていた」を説明したときに、「お腹が空いた」を説明し、そこから

「お腹」って英語で何?

「お腹が痛い」を英語でなんていうの?

っていう話題で盛り上がりました。

“Stomach”(ストマック) って英語がありますが、これは”胃”でもあり、日本語の”お腹”にも相当することが判明!

“Stomachache” というと正に”胃痛” のですが、
“I have a pain in my stomach” というと、”胃の中が痛い” ではなく、これが日本語で言うところの “お腹が痛い” になるようです。

なので、面白いのが、”お腹がかゆい” っていうのはお腹の外、表面の話な訳ですが、”Stomach itches” になるようです。 胃はお腹の中にありますが、この場合の”Stomach”は正に”お腹”ですね。

お腹のここが痛いって言える時は “I have a sharp pain in my stomach.” となるとのこと。

さらに面白いのが、”盲腸を切った” が一般会話では “I cut my stomach.” で、胃の切除も盲腸を切るも “お腹を切った” っていう表現を使うそうです。

これまでお腹が痛いとき、表現を知らなかったので、まあちょっと違うけど “Stomachache”  を使ってました。
お腹の中でも”胃”でなくて、別のところなら “a pain in my stomach” だということをついに知ることができました!
これも、”Stomachache”って言ってても、今まで誰も指摘してくれなかったのと、本当に”胃”が痛いの?なんて誰もわざわざ聞いてくれないので知らないまま過してました。

また一つ、幼稚園児の英語レベルに近づけました~(^o^)/。

ラースくん、今日も楽しいミーティングをありがとう!

広告

Entry filed under: Language-英語奮闘記.

ヒデキ、感激! Japanese kid’s song ~ A-ME-FU-RI KU-MA-NO-KO / あめふりくまのこ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。