訳せない

5月 6, 2008 at 9:47 pm コメントをどうぞ

今日はいつものスタバでラースくんと語学ミーティング。

今日の注目の文は、

「店員さん」

この日本語、訳せない(´_`。)。

お店の中で働いている人たちはみな”店員さん”たちですよね。
カウンターの中にいる人も、店の奥で作業してても、「すみませぇーん」って言って出てきてくれたら店員さんですよね。

お店の中で”どういう仕事をしてる人か”を限定しないと英語にできないことが分かりました。
私の感覚としての”店員”という言葉は、お店で働く人みんな。店長さんであっても、その地位を知らなければ、”見た目一番偉そうな店員さん”なんて表現も可能かと思います。

clerk, assistant など、辞書を見るといくつか言葉はありますが、ラースくんに私の感覚での”店員”の話をしたら、彼曰く”Shopkeeper”が一番適当な気がするって言ってました。
英和辞典で見ると、”Shopkeeper”は”店主”という意味なのですが、ラースくんの感覚ではこれが一番近い、でもやっぱりちょっと違うということでした。
clerk, assistant, sales manager, assistant manager もお店の中にいればみんな店員ですよね?

ということで、英語で説明する時は、その店員さんがどういう仕事をしてる人かを意識しないと英語にできませんね。

ラースくん、今日もありがとう!

 

広告

Entry filed under: Language-英語奮闘記.

異常事態を楽しむ 船のエレベーター ~ ハイラム・M・チッテンデン・ロックス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年5月
« 4月   6月 »
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。