“渋い”って英語でなんていうの?

4月 22, 2008 at 8:45 pm コメントをどうぞ

さて、今日はラースくんと語学ミーティングでした。

ラースくんはバスでミーティングに使ってるスタバまで来るのですが、お店の前の道を結構長いブロックに渡って工事をしていて夕方は帰宅ラッシュと重なって渋滞してます。
今日のミーティングはこの”渋滞”という日本語からスタートしました。

ラースくんの会社の日本のオフィスは東京の渋谷にあって、”渋”が同じ漢字だなんてことを話しつつ、”渋”は”渋い”っていう味を表現する言葉の一つだよと説明したのですが、”渋い”が何かを説明しようにも、渋い食べ物が渋柿以外思い浮かばず、結局うまく説明できませんでした。
アメリカに来てから一度も”渋い”食べ物を食べた記憶がありません。
柿はこちらのスーパーでも輸入品かアメリカ産かは分かりませんが売っているものの、さすがに渋柿は売っていません。
“渋い”食べ物がないから”渋い”という英語表現がない? あったとしても使わないのでそんな単語を普通のアメリカ人は知らない?
辞書を見ても”Bitter”しかなく、それに相当する日本語はやはり”苦い”でしょう。
渋いチョコレートや渋いコーヒーを売ってるのをみたことがありませんし、自分で作ろうとしても作れません(笑)。
“渋い”と”苦い”は明らかに違いますよね?
ちなみに日本語でも私は”渋い”をうまく説明できません。渋柿を食べさせるしかない?

そこから派生して、”渋い人”って英語でなんていうの?という疑問が。
直訳して英語で”Bitter person”っていうと、”Bitter”な思いをしている人、まさに”苦い”思いをしてる人になるのですが、日本語の意図するものとは全くかけ離れてしまいます。
英辞郎でみると”smoldery”という単語が載ってたのでメールでラースくんに確認中です。

今日は”渋い”をうまく説明できなくて、う~ん、と渋い表情になっていたと思います。

今日も楽しいミーティングをありがとう(^o^)/

 

 

広告

Entry filed under: Diary-日記.

リス男 Japanese kid’s song ~SHA-BO-N-DA-MA / しゃぼんだま

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。