30年ぶりの春雪

4月 18, 2008 at 7:01 pm コメントをどうぞ

今日のシアトルの天気は午後に雪、あられ、氷の中間くらいの雪が雨のごとく降りました。
春から冬へ戻ったようです。

おかげで4月半ばを過ぎても、まだスキー場が開いてます。
さすがにちょっと普通ではなく、新聞の記事によると4/17に雪が降ったのは1972年以来だそうで、36年ぶりということになりますね。
先週は春の最高気温を更新したばかりなのに、ちょっと異常です。

今日は家の周り気温2℃!

そんな寒い中、上の写真のように近所のグラウンド脇にチューリップがニョキニョキと生えていました。

シアトルを含め、この辺り一帯は恵まれているなと思うのが、土が肥え、植物が育ちやすいというところです。
肥料とか特にやっている訳でもないのに、チューリップやスイセン、バラなどがニョキニョキ生えてきます。
しかも上の写真のように、密集して生えてたりするのですが、茎も太く元気なのです。
後、気温があまり上がらず、湿度も日本のように高くないからか、桜なんかでもほとんど虫を見かけません。

アメリカ北西部は本当に自然に恵まれていると思います。

今日は、天気も悪く寒い中でも元気に咲いてるチューリップさんたちから笑顔をもらいました。
こんな素敵な環境に感謝です。ありがとうございます。

広告

Entry filed under: Diary-日記.

hair’s hair って何なん? “生”のアメリカ英会話に挑む – 4 – バーガーショップ

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。