ステーキって料理じゃないの?!

4月 8, 2008 at 9:43 pm 1件のコメント

今日のシアトルは概ね晴れ。

今日は夕方いつものスタバでラースくんとミーティングでした。
スタバのカップがいつもの緑色のマークのものから、一号店の茶色で人魚?の絵がレトロなデザインのカップに変わってました。
これは日本ではないですよね?

今日、結構盛り上がった話題は「ステーキ」。

日本語の練習で「一番好きな料理は何ですか?」ってラースくんに聞いたら、「ステーキです。」って返ってきたので、「何のステーキですか?」って聞いたところ、

え?!

となりました。

日本語でステーキっていうと、牛肉のステーキだけでなく、”サーモン・ステーキ”とか、”ハム・ステーキ”とか、”ホタテのステーキ”など、「ステーキ」って言葉は調理方法というか料理の種類を意味してると思っています。
魚でも肉でも、ちょっと分厚い身をフライパンかグリルで焼いて調理したものと私は思っています。
薄っぺらではなく”分厚い”ってのが大事かなと、勝手にイメージしています。

ところが英語で”Stake”っていうと牛肉(Beef)であり、焼いたものではなく、の肉の塊のことを言います。
なので”Salmon stake”(サーモン・ステーキ)などという英語はおかしいのです。

“ステーキ”って聞いて生肉をイメージする日本人の方ってあまりいないと思っていますが、どうでしょう?

なのでスーパーにいっても”ステーキ用”とかって書いたお肉を売ってますよね。
これを英語で解釈すると、”生牛肉用の肉”っていう訳の分からないものになります(笑)。

“For stake” って表示はあまりにおかしいのです。

和製英語(Japanese English)っておかしなのがいっぱいありますが、今日のは結構盛り上がりました。

今日も楽しいミーティングをありがとう!

 

 

広告

Entry filed under: Language-英語奮闘記.

日本の童謡♪~チューリップ “生”のアメリカ英会話に挑む – 3 – 交通手段は?

1件のコメント Add your own

  • 1. Yutaka K. Sasaki  |  4月 23, 20089:27 pm

    スターバック第一号店でのロゴマークはシュルツ社長が買い取る以前の最初のマークです。その後リファインされたものに変わってから有名になりましたが、人魚の尾が割れているのが、猥褻?だという抗議があり、現在の上半身アップのロゴに代わりました。
    ——————————————-
    ご解説ありがとうございます!
    Nori

    返信する

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年4月
« 3月   5月 »
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
27282930  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。