“生”のアメリカ英会話に挑む – 1 – 挨拶

2月 28, 2008 at 8:33 pm コメントをどうぞ

今日のシアトルは暖かかったです。外でもフリース一枚あれば、ジャンバーいらないくらい。 

さて、アメリカでただ生きていくだけなら中学英語の単語力と文法力があれば十分って感じがしていますが、実際にはその中学レベルの英語さえも自由に使えないというのが、悲しいかな現実です。

私がアメリカに来て最初にぶつかった第一の壁は“挨拶”です。

英語が喋れる人にとっては何てことのない“挨拶”

ところが人生で外国人と出会う機会など限りなくゼロで大人になった私にとって、外国人から話しかけられること、外国人に話しかけることは、血圧上昇要因以外の何ものでもありませんでした。
いつも心臓バクバク。:゜(;´∩`;)゜:。 。

アメリカに来る前に駅前留学したものの、劇的な効果はなく、アメリカの地で初歩の初歩、“挨拶”でつまづきました。

日本のように「こんにちは!」(Hello!)に「こんにちは!」(Hello!)で返すだけのやりとりならいいのですが、こちらに来て見ると”Hello!”だけで挨拶されることは少ないのです。

相手:”Hello Nori!”
私 :”Hello James!”
相手:”How are you?”
私 :”I’m fine, Thank you. And you?”

なんて中学で習ったやりとりはシアトルに来てから一度もありません。
今朝もしたいつもの挨拶は、

私 :”Hi James!”
相手:”Hi Nori! How are you doing?”
私 :”I’m good. How are you?”
相手:”Prety good. Thanks.”

このやりとりは親しい相手との会話です。目上の方やちょっと丁寧に距離を置く感じのときは、”Hi”が”Hello”に変わるって感じてます。
“Prety good.”のところは”I’m fine.”、”I’m O.K.”、”Good.”、”I’m all right.”なってのもよくある感じで、私が”I’m good.”と言ったので、オウム返しにならないように、それとは違う言い方をすることが多い気がします。日本語でも会話に変化をつけるために、同じようなことを返すとしても、相手が言ったこととはちょっと違う表現で返したりしますよね。それと同じでしょう。

私の周りについては、会話の頭では”How are you?”より”How are you doing?”を使う人の方が多いです。
オウム返しを避けるため、私は”How are you doing?”で聞かれたら”How are you?”で、”How are you?”で聞かれたら”How are you doing?”で返してます。

大抵は”Hi Nori. How are you doing?” と一文の塊のように、”Hi Nori!”と”How are you doing?”を同時に言われます。
それが結構早口なので返す間合いが最初はつかめませんでした。
そして”How are you doing?”や”How are you?”私の周りでは”I’m good.” か”Good.”で返すことが多いです。

★レベル1(間合いがつかめず、相手から先に声をかけらる方が多い)のとき:

相手:”Hi Nori! How are you doing?”
私 :”I’m good. Thank you.”

これが精一杯でした。

★レベル2(間合いがつかめず、相手から先に声をかけらる方が多いが、ちょっとがんばってみる)のとき:

相手:”Hi Nori! How are you doing?”
私 :”I’m good. How are you?”
相手:”Good! Thanks.”

★レベル3(とりあえず挨拶の先手をつかむ練習をしてた)のとき:

私 :”Hi James!”
相手:”Hi Nori! How are you doing?”
私 :”I’m good. Thank you.”

流れるようには言えないので、これだけで限界。

★レベル4(もうちょっとがんばってみる)のとき:

私 :”Hi James!”
相手:”Hi Nori! How are you doing?”
私 :”I’m good. How are you?”
相手:”All right! Thanks.”

だいぶ、慣れてきました。

★レベル5(調子いい)のとき:

私 :”Hi James! How are you doing?”
相手:”Hi Nori! I’m good. How are you?”
私 :”Good. Thank you.”

やっと挨拶できるようになったー(^v^)!!
一年はかかったな...。

ちなみに毎朝”How’s Nori going?”って声かけてくる方も約一名おります。挨拶の英語も人並み以上に時間がかかりました~。
英語が得意でない人間には反復練習しかありません!!

でも、みんな声をかけてくれるおかげで、やっとまともな挨拶ができるようになりました。アメリカ人のみなさんありがとうございます!

広告

Entry filed under: Language-英語奮闘記.

お気に入りの楽器屋さん “生”のアメリカ英会話に挑む – 2 – 挨拶

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。