真の愛情~動物編

2月 26, 2008 at 8:29 pm コメントをどうぞ

今日はシアトルらしく一日くもり。どよよ~んって感じでした。

さて、先日「True love of animal」ってタイトルでブログを書きました。ラースくんがスーパーで買う鶏の卵はなんで無精卵なのか?雌鳥は交尾のあと約一ヶ月も卵管内に精子を保存しておけるということは、無精卵を産むとしたら一ヶ月以上も雌鳥が雄鶏に会わないという状況が発生しない限りありえない。自然な状況ではありえないっていうような内容のブログを見て、

「And Tango Makes Three」

というタイトルの長男が小学校の図書館で借りてきた絵本を思い出しました。
長男は内容など知らず表紙のペンギンの絵がかわいいので借りてきた(ジャケ借り?)のですが、読んでその内容に驚きました。

表紙に大人のペンギンの絵が描いてありますが、実は2羽とも”オス”なんです。そして、そのまんなかに赤ちゃんペンギンがいます。

この話はニューヨークのセントラルーパーク内にある動物園であった実話だそうです。

発情期がきて周りの”普通”のカップル達が卵を暖め、雛を孵すのを見て、自分達も卵を孵したくなり、巣を作りました。でも卵がありません。そこで卵に似たような丸い石を拾ってきて、他のペンギンがやるようにお互いに交代で昼夜休まず暖め続けたのですが、いっこうに雛は孵りません。
あるとき親ペンギンが子育て拒否をして放置された卵を飼育係の人が見つけました。そして、仲のいい2羽の雄ペンギンの様子をずっと見ていた飼育係の人が、その卵を彼らの巣においてあげました。
2羽は再び昼夜交代で暖め続けました。そして雛が孵ったのです!
2羽は他のペンギン達と同じように、せっせと雛に餌をやり、泳ぎを教え、一生懸命一緒に雛を一人前に育てたのです。

絵もかわいく、2羽が本当に愛し合い、一生懸命雛を育てる姿を想像すると、感動して涙がでてきました。

言ってみれば”ゲイ”のペンギンのお話ということになるのですが、私は動物は子孫を残すという本能や発情期の情欲だけでオスとメスがくっつくものだと思っていました。くっついた後はお互いに一緒にいますが、くっつくに至る過程においては、オスはメスがいれば何でも寄って行くと思っていました。自分の遺伝子を残すという生物としての本能からしてそれは当たり前、自然だと思っていました。そして、高度に進化した人間だけが、動物的本能だけでない、動物的自然の原理を超えた”愛”の形を作れる。つまり”ゲイ”という形でも”愛”を育むことができると思っていました。

男女だから、親子だからといった枠を越え、生きるもの同士がお互いに心から思いやる気持ち。真の愛情がペンギンにもある。

高度に進化した人間なら、ペンギンを越える愛をお互いに持ててもいいのではないのでしょうか。ペンギンに負けられませんよね?

シアトルにはゲイの方がたくさんいらっしゃいます。そんな中、この絵本に出会えたことで、真の愛ってなんだろうをすごく意識することができました。

よかったらみなさんにも一度読んでみて欲しいです。まず、絵がかわいいですから。図書館とかで取り寄せてもらえるかどうか分かりませんが、一度尋ねてみる価値はあるでしょう。

ニューヨークでの実話というのもありますが、当面日本でこのような内容で、しかも感動できる絵本は産まれない気がします。一度読んでみる価値ありだと思います。

この絵本に出会う機会をくれた長男と図書館の先生に感謝です。
そして、この絵本を生み出した Justin, M.D. Richardson (著), Peter Parnell (著), Henry Cole (イラスト) のみなさんありがとうございます!

広告

Entry filed under: Human、Life、Natuer.

Inukshuk~2010年の流行! お気に入りの楽器屋さん

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。