中国はきみを殺さない

2月 15, 2008 at 2:59 pm コメントをどうぞ

olympic.jpgolympic.gif

今日もシアトルらしく、曇り。
でも、Cafeに行く途中、白い山がちょっと見えたので海岸へ行って写真とってきました。

今朝、子供を小学校に連れていった(こちらでは子供をバス停までか、学校まで送り迎えしないといけません)のですが、そのとき廊下にあるロッカーの前で子供と同級生の子が「Are you chineese?」って聞いてきたので、「We are Japanese」って答えました。
まあここまでは、日本、韓国、中国人の見分けがつきにくいということで、よくあるやりとりなんですが、そのあとその子が「あい どんっ ぅわな ちゃいな とぅ きる みー」(I don’t want China to kill me. 中国に殺されたくない。)って突然いうので、笑って、「Don’t worry. China never kill you.」(心配しないで、中国はきみを殺しはしないよ)って言ってあげて、教室に入って行くのを見届けました。

今は日本でも「ぎょうざ事件」が世間を賑わしているようですが、昨年はこっちの朝のニュースでしばしば中国の玩具は鉛含有のペイントが使われ子供に危険だって話が取り上げられ、いつも同じ帽子を被った中国人のお兄ちゃんがおもちゃを振って組み立て、検査してるVTRが流れてました。なんど同じ映像をみたことか。(下手な芸能人よりも何度も放映された、あのお兄ちゃんに撮影、映像使用料を払ってあげるべき?)

そんな状況についてあの子の親達も中国の話をされてたのでしょうか。

悲しいかなどこの世界にも不届き者がいたりします。戦争もそうですが、普通の一般市民は普通に暮らしており、平和を望み、他人へ迷惑をかけてはいけない、自分の自由、他人の自由を侵害してはいけないって思いながら暮らしていらっしゃると思います。

中国が悪い訳ではない、どこの国か、肌の色が何か、どんな宗教かは関係なく、悪いことをする人が悪いんだよって、大人なら当たり前と分かっていることでも、きちんと真実を子供達には話してあげないといけませんね。改めて大人の責任を感じさせられました。

中国の協力なしに、今の私の日常の小さな幸せはありえません。中国でまじめに働いていらっしゃる一般市民の方々、いつもありがとうございます!!

広告

Entry filed under: Diary-日記.

バレンタインカラー お気に入りのバーガー

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

Trackback this post  |  Subscribe to the comments via RSS Feed


2008年2月
« 1月   3月 »
 12
3456789
10111213141516
17181920212223
242526272829  

最近の投稿

アーカイブ


%d人のブロガーが「いいね」をつけました。